News & Blog

ガラスペンで書く楽しみ

IMG_8943

本日はガラスペン&アンティークペン(付けぺん)の使い方や書き方についてご説明したいと思います。

ガラスペンって使うの何だか難しそう…手入れとかめんどくさいんじゃない?など思っている方も

いらっしゃるかもしれませんが、じつはとっても簡単なんです!

ガラスペンについて詳しくはこちら

用途に合わせたペン先をチョイス

IMG_8749

当店で取り扱いのあるボルトレッティ(イタリア製)は

ガラスのペン先(画像左側)と、付けペン先(画像右側)と二種類ございます。

付けペンはペン先がタチカワ、ゼブラ、ニッコーのペン先互換性がございます。

(丸ペン先はサイズが合わないのでつける事ができません。)

字を書くだけではなく漫画やイラストを描く事も出来るので楽しみの幅も広がりますね!

IMG_8958 IMG_8959

まず使い方・書き方についてです。

書く時は、ボトルインクに直接ペン先を入れインクをつけます。

ペン先の半分程インクに浸して下さい。

ペン先が繊細なのでインク瓶底にあてないようお気を付け下さいね。

多いなと感じた時はインク瓶のふちにあてがい余分なインクを落として下さい。

注意点を守って早速書いてみよう!

IMG_8960

ガラスペンはとても繊細なので筆圧はあまりかけず、少し寝かせてなだらかに書いてみて下さい。

ガラスペンは見た目に反してさらさらと万年筆のような書き心地です。

溝にたまったインクが紙に流れて行くので

少しづつ回しながら使うと文字が沢山書けますよ。

 

付けペンはカリカリといった書き心地で、ガラスペンとは逆に

時折筆圧をかけて書くと線に強弱がついて面白い文字が書けます。

ただ力を入れすぎるとペン先が潰れてしまうのでガラスペン同様注意が必要!

どちらのペンもペン先を別途販売していますので何かあれ当店ですぐに対応致しますのでご安心下さい。

 

IMG_8944IMG_8945

ガラスペンを使い終わる時やインクの色を変えたい時は、

ペン先のインクを水で洗い流し、ティッシュや柔らかい布で水気を拭き取ってください。

洗う際インクを浸す時同様、底や側面に当たらないように気を付けて下さいね。

 

IMG_8748

ガラスペン・アンティークペン(付けペン)の使い方から洗い方の流れとして

①インクに浸す

②書く

③洗う

たったこれだけなんです!

 

ガラスペンは難しい、ハードルが高い…なんて思っているのがもったいないですよ。

簡単で美しいガラスペンとアンティークペン(付けペン)にぜひ触れてみて下さい。

当店ではガラスペンの試筆を気軽に楽しむ事が出来ます。

 

ガラスペンってどんな書いた感じどうかな?持った感じはどうだろう…と

あなたの一歩踏み出すお手伝いが出来れば嬉しいです(´▽`)

福岡博多、KITTE博多マルイに御越しの際はスティロプリュスで

試し書きが出来ますのでご来店下さいね。